ブログトップ

汚れに合った洗剤選びをする

投稿日時:2014-03-26 13:23

清掃をするにあたって、昨今は様々な潜在が出回っています。

キッチンを清掃する事1つ取ってみても、換気扇からシンク回り、食器棚、コンロ等、細かく分けて色々なパーツの洗剤があり、洗剤選びにはとても苦労します。

しかし、ここでめんどくさがらず、きちんと洗剤選びを行えば、清掃の時間も短縮され、簡単にピカピカにする事ができます。

例えば、油汚れとシンクの汚れは種類が違います。シンクをピカピカに磨く洗剤で、いくら油べっとりの場所を磨いても時間ばかりかかってしまいきれいになりません。そこで油汚れに強い洗剤を使用すればあっという間に取れてしまいます。

逆に、油汚れ用の洗剤でシンクのぬめりや曇りを落とそうとしてもきれいにはなりません。洗剤にも適材適所がきちんとあるので、場所や汚れの種類に合った物を選ぶ事が大切です。

洗剤選びを怠ると、汚れが落ちないばかりか、逆に磨いた所を傷つけてしまったり、腐食させてしまったりする場合もあるので注意が一層必要です。

BACK TO TOP